木賊(とくさ)色

子供の頃、ナシ園でナシを取らず蝉を獲っていたOkazoeです。
虫カゴにいっぱいギュウギュウ詰め状態のセミは、中央線の通勤ラッシュのような状態です。
全部アブラゼミでした。ちなみにアブラゼミは食べられる虫ハンドブック(自由国民社)によると油で素揚げすると食べられるみたいです。
サクサクしててエビに似た食感・・・。夏のお楽しみ食材らしいですw。
僕は遠慮しますがマツピラさんならきっと、期待に応えてくれると思います!!

今度、レシピを教えてあげるつもりです。
咀嚼音が聞こえてきそうです。

さて本日も暇なので、マツピラさんをモデルに夏カラーを提案してみました!
14レベルというハイトーンですが、ブリーチ(ダブルカラー)しておりません。
1回の施術で仕上がります。

影に入ると、くすんだ青みがかった緑で落ち着いた渋い色に見えます。
光の下に立つと、透明感が半端ないです。

美しい色です。

シダ植物の木賊(とくさ)の茎の色に似ているので木賊色と名付けます!(実際にある色の名前です。)

初夏はこの色をオススメします。
ベースが暗めでしたら、アクセントカラーにもポイントカラーにもいいかもです。

では、またです

予約Tel(受付10:00-22:00)

03-5285-8242

※施術中はお電話に出るのが遅れる場合がございます

予約e-Mail(希望日の2日前まで)

afterhours-hr@diary.ocn.ne.jp

※希望日の2日前までにご連絡ください